家

底地買い取りビジネスとは

契約書

不動産取引にはマンションやアパート、ビルなどの建物の売買の他に土地の取引があります。土地にも住宅地や山林、農地といろいろあり、普通の土地でも底地というのがあります。底地とは聞き慣れない言葉で池の底とか海の底と思えがちですが、業界用語で借地権のついた土地のことを言います。建物の底の土地の略だと考えればいいです。底地は普通の土地と違い、自由に売買できますが、自由にならない問題があります。借地権があるので土地を自由に使えなくて、土地の利便性が低いから売るには売却価格を下げなければならないです。
しかし借地権が無くなれば普通の土地になりますから、借地権を無くすことができる人にはビジネスチャンスになります。それで底地買い取りビジネスが生まれ、底地買い取り専門の不動産会社も出てきました。借地権を無くすのはどうやってやるのかと言えば、借地権保有者と交渉して借地権を解消します。このとき土地の所有者が変わったから借地権が無くなるということは無いです。借地権は法律で権利として認められていますから、居住者への強制的な立ち退きも要求できません。従って、借地権をお金を払って買い取ります。お金を払っていたら儲けにならないと思えますが、底地はかなり安いので立ち退き料を払っても儲けることができるので、ビジネスとして成り立つのです。

所有地を底地にするメリットとデメリット

低地とは借地権などの権利を付けて第三者に貸し出していて地主が賃料を受け取っている土地の所有権の事を言います。底地は利用上の制約を受けますし売却する事も低地だけの権利ではする事が出来ないので不完全所有権とも言われています。しかし所有地を底地にするメリットもいくつかあるので見ていく事にしましょう。
まず固定資産税が安くなるメリットがあります。低地の固定資産税は住宅用地の特例を受ける事で更地にしておくより安く抑える事が出来ます。固定資産税を安く抑える事が出来れば年間の出費も大幅に少なくなるので経済的に大きなメリットになります。
次に、収益を得る事が出来ます。所有地を借地にする事で土地を貸すので地代家賃収入を得る事が出来ます。定期的な収入にもなるので生活していくのに大きなメリットになります。また将来的に見込まれる権利金などの収益を得られる可能性もあります。
所有地を底地にするメリットはこのようにありますが、デメリットになってしまう点もあるのでしっかり確認しておく必要があります。
最後は、賃借者とトラブルになる事があることを覚えておきましょう。地代の適正価格は時代によって大きく変動する事もあるので人によっては納得出来ないと主張する人もいます。それによりトラブルになる事があるので注意する必要があります。

底地地は何に気を付ける必要があるか

みなさんは底地というのを聞いた事はありますでしょうか?恐らくほとんどの人が低地というのがどういうものか分かっていないと思います。
では、底地というのは一体どういうものかというと、それは通常の土地とは違ってその土地の上に建物があってその土地を使っている状態の土地です。本来土地の所有権を得たらその土地を自由に使えますが、もし所有権を得た土地が底地だった場合はそうはいきません。なぜなら、確かに土地の所有権とは別にその土地には借地権というのが設定されていてその借地権を持っている人間がその土地を利用できるからです。
ですから、同じ土地の所有権を得たとしても低地の場合は例えば借地権を持っている人が建物を建て住んでいても自分が所有者である事を理由にその土地から立ち退いてもらう事はできません。それが底地というものです。ですから、誰かと取引をする際に低地を相手から提示された時は要注意です。これを普通の土地だと思って応じてしまうと、思っていたのとは違うと後でトラブルになりかねないです。
ですから、底地というのは一般的な土地とは違って借地権が設定されている土地ですのでその土地の所有権を得ても土地を自由に使えないという事を知っておく必要があります。

HEAD LINE

底地は潜在力がある

底地のメリットですが、引き継いだものなら必ず借地権者がいて賃貸募集する必要がなく、空室リスクが低いのがポイント。借地権者が借地権売却、借地契約更新時習慣的に承諾料が払われることがあります。底地は初期費用がないため建物を建てたり管理コストがかかるようなアパ…

TOP